サーバーサイドjavascript「node.js」

サーバーサイドjavascript「node.js」

私が知らなかっただけかもしれませんが、サーバーサイドで動くjavascriptがあるようです。
ご存知のように、javascriptはクライアントサイド(各々の端末で処理)、PHPやASPはサーバーサイド(サーバー側で処理)の言語・・・というのが私の中での考えでしたが、調べたところjavascriptが登場した時にはすでにサーバサイドJavaScriptは用意されていたそうです。
今回は現在最も注目されているサーバーサイドjavascriptの中から「node.js」に関して紹介したいと思います。



Node.jsに関しての記事を掲載しているサイト

以下のサイトはNode.jsについての説明をわかりやすくまとめているサイトです。こちらのサイトを見ればNode.jsの概要やNode.js流行ると言われている理由がわかると思います。

アットマーク・アイティ

http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai2/nodejs01/01.html

Publickey

http://www.publickey1.jp/blog/11/2011javascript.html

上記の記事内容からNode.jsのメリットを挙げると、
1、JavaScriptを使ってサーバサイドアプリケーションを開発できる。
2、シングルスレッドで動作するので当然スレッドを増やす必要がない、結果メモリ消費が少なく、かつ高速に動作する。
3、Googleを始め、JavaScriptエンジンの開発が活発で処理速度が格段に向上している。

逆に以下のサイトはnodejsのデメリットに関しても言及しています。

ニュースの社会科学的な裏側

http://anlyznews.blogspot.com/2011/02/nodejs.html
こちらでは「処理が直列なので一つ転けると以降のリクエスト全てが止まる」や「javascript自体のオブジェクト指向が不完全である」と言った慎重な意見がありました。

Node.jsの公式サイト&日本語サイト

紹介が遅れましたが本家サイトと本家サイトを日本語訳したサイトです。

Node.js本家サイト

http://nodejs.org/

Node.js日本語ページ

http://nodejs.jp/nodejs.org_ja/

以下にマニュアルがあります。

Node.js APIドキュメント

http://nodejs.jp/nodejs.org_ja/api/index.html

Node.js以外のサーバーサイドjavascript

Node.js以外にもjavascriptベースで開発ができるサーバープログラムはあるようです。

Jaxer

http://jaxer.org/

Rhino

https://developer.mozilla.org/ja/Rhino

SpiderMonkey

https://developer.mozilla.org/ja/spidermonkey

PHPをかじった程度の自分には朗報としか言いようがありません。
大方の予想通り2011年はサーバーサイドjavascriptの年となるのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です