Google Static Maps API

Googleマップの地図を画像として使う場合

仕事でお客さんから「Googleマップの地図をキャプチャし、その画像をホームページで使いたいけど、問題ある?」との連絡を受けた。

調べた感じではキャプチャした画像を加工したらNGのようだが、地図上にボタンを配置した場合でもNGなのかわからなかったので、知り合いの業者さんに聞いてみたところAPIを使えば基本問題ないとのことでした。
Google Static Maps API」・・・ざっくり言うとGoogleマップを画像として表示するサービスです。
著作権云々を気にせずGoogleマップの地図を画像として使いたい場合は、基本上記のAPIを利用すればOKです
※基本できないとは思いますが地図の色合いを変えたり地図画像自体に変更を加えたらNG。
今回は簡単な使い方の説明とサンプルを作成しました。

Google Static Maps API
解説

Google Static Maps API は、Maps API キーがなくても使用できます。
地図画像を呼び出す際はまず、次の形式で指定する必要があります

http://maps.google.com/maps/api/staticmap?パラメータ

サンプルURLです。

http://maps.google.com/maps/api/staticmap?center=35.681213,139.767036&zoom=14&size=400x400&sensor=false&maptype=roadmap&markers=color:blue|label:S|35.681422,139.767466&path=color:0x0000ff|weight:5|35.683793,139.778194|35.674799,139.772615&sensor=false

以下はパラメータの一覧です。

パラメータ 意味 値の例
center 地図の中心座標を設定します。 35.681422,139.767466
zoom 地図の拡大レベル(縮尺)を設定します。 13
size
(必須)
地図画像の縦幅、横幅を指定します。 400×400
format 地図のデータ形式(GIF、JPEG、PNG)を指定します。 gif
maptype 地図のタイプ(航空写真や地形図等)を定義します。 roadmap
mobile 地図を携帯端末で表示するかどうかを指定します。 true
language マップ タイルのラベルを表示する言語を定義します。省略してよいです。 japanese
markers 1つ以上のマーカーを表示させたいとき定義します。 color:blue|label:S|
35.681422,139.767466
path 2 つ以上の接続地点を 1 つのパスとして定義します。 color:0x0000ff|
weight:5|35.683,139.778|
35.674,139.772
visible 表示範囲の指定をします。ここで表示範囲を指定した場合「zoom」は指定する必要がなくなります。 Tolyo|Osaka
sensor
(必須)
ユーザーの位置情報を取得するのにセンサーを用いているかを指定します。携帯端末で表示したい時は必須かもしれません。 true

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です